<   2006年 05月 ( 7 )   > この月の画像一覧
思うこと。
オーストラリア編も無事更新終了!
シドニーからはパースへは、飛行機でひとっ飛び。いい所だと聞いていた「パース」は、それほどでもない印象。むしろキレイ過ぎ・・・たった一日じゃぁ、分からないっす。

とにかくこのブログも一応終了。一年間応援してくださった皆様、有り難うございました。
気持ち的なことは、http://tateshi.exblog.jp/3913853/に書いてます。
ホントはこれで締めたかったのですが、更新が遅くなって順番バラバラです・・・
終わりといっても、『世界一周編』が終わりな訳であって、
次は『Around The World JAPAN!「お箸の国の人だから・・・編(仮)』をスタートします。
日本でのなんやかやな日々をお届けいたします。お楽しみに!

[PR]
by tateshi-nabae | 2006-05-22 09:26 | 世界一周
シドニー良いとこ!
お待たせしました!
ブラジルサンパウロ日本人街の写真UP。
http://tateshi.exblog.jp/m2006-04-01/#3844941
ペルーマチュピチュの写真もUPだよ!
http://tateshi.exblog.jp/m2006-04-01/#3837555


イースターからサンチアゴへ戻り、翌日ニュージーランドへのフライト。
サンチアゴを7日の夜に出発した飛行機がオークランドへ着くと9日の朝4時。
ぎゃー!!!2日も過ぎてるぅ~。なんじゃコリャ!気持ち悪い・・・
知ってはいましたよ、もちろん。日付変更線があるのと、夜にサンチアゴを出発したから8、9日となってしまった・・・
うん、分かってるよ!分かってるけど、時間のない2人にはちょっと痛いっ!
時間は朝の4時。サンチアゴからは実に12時間のフライトでヘトヘト...
さらに4時間後にはシドニーへのフライトが待っている。エコノミー症候群も真っ青の強行スケジュール(笑)

c0007557_1448414.jpgc0007557_14484962.jpgc0007557_14485740.jpg








シドニーに着いてもやることは沢山。
日本へ帰るフライトは、オーストラリアの南西の端。「パース」そこまで行かなくてはならない。
ちなみにこの「パース」日本人は普通に「ぱーす」と発音してしまいがちだ。私もそのまま「ぱーす」と発音していた。
しかし、ボリビアにてオーストラリア人との会話の中で「最後はパースから日本へ帰る」と言ったら、
「えっ?どこ?」
「ぱーす」
「ごめん?えっ?オーストラリアだよね?」
「そうです、オーストラリアの西の南の端っこの町です」
「ああ!パースね!」と舌をうまく使った正規の発音。文字には表せませんが(笑)
さらにショックな事実が発覚!!なんと彼はパース出身だったのだ・・・
・・・これを日本に置き換えるならどうなるのか?
大阪からオーストラリアに帰る人がいたとして、会話の中で「大阪から帰る」
もしこれが「おさか」だとしても恐らく「ああ~大阪ね!」って分かると思う。
私の『パース』の発音は日本語に置き換えると、どのくらいの違いなのだろうか?
地元の出身者が分からなかった程だから、「パース」と「ぱーす」には相当な違いがあるのだろう・・・
大体、会話の流れで想像すれば分かりそうなものだが、複雑な発音を有する外国語と日本語との根本的な違いに結構なショック。
中学・高校の英語教育に「発音」の占める割合って少なかったような気がしますが、こうして世界を旅すると、重要度としては、
『外国人にビビらずに話せる気合>知っている単語の数>発音>文法』この順番だと思います。
それと同時に「日本語って素晴らしい!」と思ったのも事実。
先の「ぱーす」と「パース」の文字表現とか、パソコンでの文字変換も沢山ある「候補」の中から
適切な漢字を選んで使ってるし、漢字・カタカナ・ひらがなも使い分けてる。
これって良く考えるとすごい!みんなが当たり前にやってる行為。実は大変高度な事だったのです。
さらにっ!本・雑誌の「右開き・左開き」や「縦書き・横書き」も何の考えもなく接しているが、世界の人々にとっては不思議なことらしい。
まさに日本人は言葉は『ファンタジスタ』だったのです。君もアナタもふぁんたじすた!!

閑話休題
私たちに残された時間は6日間。
列車?飛行機?バス?はたまたフライトをシドニーからに変更するか?
悪魔が、「チケット捨てて旅延長しちゃえよ!!」とささやく・・・悩む・・・
オーストラリアに来て、エアーズロックを見ずに帰るのも惜しい。でもそうなると余計にお金が掛かるし、第一時間が足りない・・・
結局、シドニー~パースのエアーチケットを購入。なぜか、土曜日のフライトだけが他の曜日よりも100ドルも安かった。なので、土曜日にパースへ着いて日曜日にパースから日本。
イースターとかサンチアゴとかもそうだったけど、本当にギリギリのフライト。
イースターはまだ良かったけど、フライトキャンセルにでもなった日には、マジで日本に帰れなくなってしまう。かなり危険な予定なのです。
そう思う一方、心の片隅では「それもアリかな!?」とか思っているフシがあると思う。
「いやぁ~、本当は帰る予定だったけど、フライトキャンセルになっちゃってチケットの期限過ぎちゃったよ・・・だから、旅まだ続けるね!」
って、旅仲間や友人に対する『言い訳』が欲しいと思っている。そんなコスイ人間なのです。
結局帰ってきましたケド・・・
c0007557_14491294.jpgc0007557_14492130.jpgc0007557_14492964.jpg









観光をシドニーに絞ったおかげで、ゆっくりと見て回ることができました。
デカい町と思いきや、意外とどこへでも歩いていけるし古い建物と新しいビルが混ざっていて、ニューヨークとロンドンを足して2で割ったような町。かなり気に入りました。
都会でありながら、人々はゆったりと暮らしていてとても優しい。
バックパッカーも旅しやすい、安宿には「中古キャンピングカー売ります!」などの情報がギッシリ貼ってある。
今回エアーズロックを見ない私たち、次の旅はキャンピングカーを買ってオース一周だ!!
c0007557_14494445.jpgc0007557_14495380.jpgc0007557_1450461.jpg








↑フィッシュマーケットは新鮮な魚介類が沢山。生ガキとホタテの貝柱食べました。
[PR]
by tateshi-nabae | 2006-05-18 14:39 | オーストラリア旅行記
南十字星
初日に購入した14kgものマグロ。毎日マグロの日々でしたが、私たちがサンチアゴへ戻る前夜ささやかなパーティーを開催。かなりの気合で料理を作りました。
写真左は『マグロステーキ』 写真中は旅仲間「こうちゃん」作『讃岐ぶっかけうどん』 写真右は手前が『竜田揚げ』、奥が『甘酢漬け』
ワインとマグロでかなりいい気分。
外に出て夜空を見上げれば、そこには南十字星★いわゆる『サザンクロス』が見えた。
c0007557_21305461.jpgc0007557_2131281.jpgc0007557_2131979.jpg







モアイを見学してしまったら、後はひたすらボーっと過ごすのみ、島を散策したり釣りに出かけたり思い思いの時間を過ごす。この島には確実に『島の時間』というものが存在すると思う。
街はこじんまりとして歩ける範囲。島の人は優しく、ヒッチハイク成功率は100%。1台目から停まってくれるし、歩いているだけで「乗っていくか?」と向こうから声をかけてくれることもある。
海岸沿いには、『サーファー注意!』の看板。オシャレすぎる(涙)
宿に2匹いる犬の1匹「ブレッグ」は、どこへ行くにも付いてくるカワイイ奴。
釣りに行った時も付いて来るのだが、お目当ては魚ではなく、エサに使っている「パン」
釣りだけに集中していると、いつの間にかブレッグにエサを食べられてしまうので要注意だ(笑)

c0007557_21313214.jpgc0007557_21314047.jpgc0007557_21314961.jpg








写真中。不幸にも巨大針の犠牲となってしまったお魚(笑)写真右。初公開「ブレッグ(雄)」の大胆ショット!
c0007557_2131598.jpgc0007557_2132580.jpgc0007557_21321190.jpg






肝心の釣りはというと、買ってきた針がデカ過ぎてエサをとられるばかり。魚はウヨウヨいるのに・・・
こうなったら最後の手段。パンを撒き、魚が集まってきたところをデカ針で引っ掛ける!という方法。
すると、最初のチャレンジでいきなり魚がかかる!もちろん口ではなく尾のあたりに針が掛かっている。
なんともかわいそうな奴もいたもんだ・・・
結局、釣れたのはその1匹のみ。最後に仲間のもとへリリースしてやった。
おさかな界の『九死に一生スペシャル!』とかに出て欲しいものです(笑)

c0007557_22153346.jpgc0007557_22154298.jpgc0007557_22155040.jpg








イースター島は3泊4日の滞在でしたが、前述の通り「旅の終わり」を感じることができた事が1番の収穫でしょうか?
最終日、飛行機の窓から小さくなっていく島を眺めていると、なぜか無性に日本に帰りたくなったのです。
なぜかは分かりません。
とにかく「ここで旅は終わった」と感じたのです。「早く日本へ帰りたい」と思ったのです。

[PR]
by tateshi-nabae | 2006-05-16 21:32 | イースター旅行記
夏惜しむ やがて悲しき モアイかな・・・
モアイを見たとき最初に抱いた感情、それは『悲しい』という思いでした・・・・・
で、出てきたのがタイトルの俳句。伊予の生まれなので(笑)
誰が何のために作ったのか?それさえも、未だハッキリと解明されてないモアイ。
モアイを作った人々はどこからやって来て、どこへ行ってしまったのか?
島の内部を見つめて建っていたであろうモアイが、パタリ・パタリと倒れているのを見たとき、とても悲しい気持ちになりました。
季節はちょうど秋から冬へと移り変わろうとしていて、天候は不順。
晴れていたかと思うと、30分後には一面の雨雲。さらに30分、今度は大きな虹。そして再び青空。
季節・天候・そしてモアイ。まさに全てのものが移り行く。そして私たちも・・・
c0007557_20143738.jpgc0007557_20145322.jpgc0007557_2015149.jpg









イースター島は周囲約60kmほどの小さな島。
ダイハツの4駆を借りてみんなでモアイ探索に行きました。レンタカーは24時間制。
昼に借りれば当日夕日を見て、翌日の朝日を見てから返却できる(ハズ)
全ては天気次第といったところ・・・
最初に見たモアイは、うつ伏せに倒れているモアイ。
そこら中に大きな石がゴロゴロしていて、どれがモアイか分からない。
あきらめて帰りかけたとき、周囲とは色の違う石を発見!よぉ~く見ると「っモ・モアイだ~!」
思わず叫んでいた。
倒されたのか?倒れたのか?地面に半分埋まったモアイ、いきなり悲しいっ!!
そんな、モアイが島のいたるところにパタ・パタ。「誰か起こしてくれぇ~」そんなモアイの悲鳴が聞こえてきそうです。
やがて車は『ラノ・ララク』と呼ばれる「モアイの切り出し場」へ。いわゆるモアイの製造工場。
山の斜面にあり、岩を削って作っていた事が良く分かる。様々な表情のモアイ。作り手によって結構違う。正座スタイルのモアイも発見!
ここには作りかけのモアイが無数に放置されており、モアイの生まれたと場所でありながら、今ではモアイの墓場のようだ。
その近くの海岸に、15体のモアイがあった。
このモアイは日本の企業が、倒れていたものを起こしたらしく、土台には新しいコンクリートも合った。四国の高松の企業らしい。
海を背に悠然とたたずむ15体のモアイ。大きさ、スタイルはすべてバラバラ。『プカオ』と呼ばれる帽子をかぶったモアイもあった。

c0007557_20162246.jpgc0007557_20164041.jpgc0007557_20165289.jpg








c0007557_2017710.jpgc0007557_20171697.jpgc0007557_2017237.jpg








モアイはイメージよりも意外と『薄い』事が発覚↓    正座反省モアイ↓ モアイの土台にもモアイが・・・↑c0007557_2110835.jpgc0007557_21101850.jpgc0007557_21102693.jpgc0007557_21103479.jpg












c0007557_21112899.jpgc0007557_21113544.jpgc0007557_21114267.jpgc0007557_21115464.jpg











その後も天候は晴れたり曇ったり。虹もいたるところで出現。2重になった虹も良く見えた。
口のあいたモアイ、唯一海に向かって建っているモアイも見た。
コンパスが狂ってしまう丸い球体の石や、なぞの石絵も見た。この島は本当に謎だらけ。
アトランティス大陸の一部説も、あながち見当違いではない気がしてきた。
残念ながら、厚い雲に阻まれ夕日は見れず・・・翌日の朝日に希望を託す。

[PR]
by tateshi-nabae | 2006-05-16 20:15 | イースター旅行記
旅終わり・・・
皆さんお久しぶりです。超高速パッカーです。(笑)
今日は5月16日・・・そう、帰国しちゃいました!!!
世界一周ホントに1年、正確には366日。訪れた国は30ヶ国。
そして昨日、オーストラリアのパースから成田空港に帰国!
ブログはまだイースターなのに・・・はやく更新しなければ(焦っ)
最初に食べた日本食は、成田空港の『のり弁&伊藤園のお~いお茶!』
お~いお茶ってこんなに美味しかったとは!ビックリです。
さらにビックリなのは、成田から品川まで行くバスが3000円・・・たっ高~い!
今は、川崎にいる兄夫婦の家に居候してます。(笑)
実家に帰ったわけではないので、なんとなくまだ、旅の続きのような感じですが・・・


旅を終えて正直なところ、心に『ポッカリ』と穴が空いたような感じです。
終盤忙しく移動し「旅の余韻を楽しむ」、「旅を振り返る」時間がなかったからなのか、それとも
もっと旅を続けたかったのか???何なんでしょうか、この気持ち!?もっと充実した気持ちではないのか・・・

旅の終わりを感じたのはイースター島でした。
ペルーやボリビアでは感じることのなかった『旅の終わり』
イースター島の滞在を終える頃「あぁ、これで旅終わってもいいなぁ」と思ったのです。
この終わりどころをどこで感じるのか?沢木耕太郎は「ロカ岬」私は・・・?
ずっと気になっていたのですが、私は「イースター島」でした。
イースターで旅の終わりを思ったのです・・・

とにかく私たちの世界一周の旅は終わりました。
今はまだ実感がなく、気持ちの整理もついてないのでしょう。
心に空いたポッカリの穴も、ここからゆっくりと埋まっていくことでしょう。

多くの人に支えられ何とか終わったこの旅。
自分が変わったとか、何かを悟ったとか全くない旅。
むしろ自分の嫌な部分を自分自身や、パートナーのhiroに見せてしまった旅。
色んな人と出会った旅。そしてケンカした旅。

楽しかった分、後悔はモチロンいっぱいです。
しかし、この「後悔」こそ、これからの私たちの人生において大事な糧となるでしょう。

旅を支えていただいたすべての人々へこの言葉を送ります。
・・・・・『ありがとう』・・・・・
私がここに存在していること、あなたと私が出会えたこと・・・
その全てが、「有ることすら難しい」奇跡なのです。
      

                              2006/05/16 今にも雨が降りそうな川崎より
                                                 tateshi&hiro

[PR]
by tateshi-nabae | 2006-05-16 10:00 | 世界一周
晴れのちイースター。ところによりマグロ。
飛行機が着陸すると、乗客の間から安堵と歓喜の混じったような歓声と拍手がおこった。
大雨のためキャンセルになったもののLAN航空は、翌日の14時、無事イースター島へ着。
宿は日本人の間で有名な「キャンピング・ミヒノア」 その名の通りキャンプ場である。
何よりもアウトドアの好きな私は、前々から、ここに泊まることを夢見ていたのだ。
もしかしたら、モアイよりも楽しみにしていたかもしれない・・・ モアイ<キャンプ
空港までピックアップに来ていた宿のオーナーの車に乗り込み、約5分でキャンプ場へ。
目の前は海。ただ風が強く東映の映画のオープニングのようだ。

c0007557_17214486.jpgc0007557_17215745.jpgc0007557_1722954.jpg








早速テントを設営。
さすがアウトドアマンtateshiと国体優勝hiroチーム。すんなりと設営完了。
4人用のテントなので荷物を置いても十分の広さがある。マットレスに空気を入れると、これから4日間お世話になるマイホームの完成だ。
寝床も確保してまったりしていると、宿のオーナーが「マグロ船が帰ってきた!走れっ!」と叫ぶ。
そう、イースター島のもうひとつの名物『マグロ』である。
宿の近くには小さな漁港があり、朝と夕の2回漁に出ていた船が帰ってくるのだ。
そして、このマグロを目指してホテル、他の宿の客が漁港にやって来る。
が・・・我らが「キャンピング・ミヒノア」から漁港までは走って1分。佐藤のごはんよりも近い!
ホテルの板長が車のエンジンをかけた時、他の宿の客が靴ひもを結んだとき、私たちは誰よりも早く漁港に着いているのだ!!
漁港に着くと、真っ黒に焼けた漁師が誇らしげにマグロを陸揚げしていた。
今日の収穫はこの1匹のようだ。ただし・・・デカイ。
計ってもらうと14kg・・・1kg3500ペソが相場なので、49000ペソ。US$で98もする。
うぅ~んと考えているところへ、板長?が到着(笑) 我々を見て「クソッ!先を越されちまった!」悔しそうにしている。
そうなると、漁師の立場が強くなる。「ホレホレ、他の客が来たゾ!早うせんと売れちまうゾ!」
板長は板長で「マグロ仕入れんと支配人に怒られる!姉さんピンチですっ!」見たいな顔をしている。
結局14kg、食い切れるかどうか心配だがとりあえず購入。

c0007557_17223016.jpgc0007557_17224945.jpgc0007557_1723241.jpg








イースター島は食材が高いと聞いていたので、米・パスタ・野菜類は買ってきたのだが、メインの肉類は一切なし。
このマグロが唯一の頼り。とりあえあず初日に手に入ってラッキーと考える。・・・ただし14kg。
早速、キャンプ場にてマグロの解体ショー。
とりあえずオーナーにやり方を教えてもらい、見よう見真似でやってみる。意外と硬い皮にビックリ!オーナー8割、日本人2割で解体完了。腹側2本・背中側2本に切り分け、冷蔵庫へ。
まぐろはすぐに食べるより、しばらく寝かしたほうが「うまみ」が増えるそうだ。
解体途中に出る『血合い』はわさび醤油で食べてみた。まったく臭みはなく、焼肉屋で食べるレバ刺しのようなマッタリとした食感。中落ちもスプーンでこそげ落とし、ちゃっかりと食べた。
頭・カマも煮付けように細かくした。

夜、寝かしておいたマグロを早速料理。
といっても「まぐろのづけ丼」と「まぐろマヨ」 料理ってほど手は込んでない。
「づけ」は醤油、だしに漬けただけ。「まぐろマヨ」は、トロの部分を包丁でたたいて、マヨネーズ・醤油・わさび・塩で味付けしただけ。素材の良さを存分に生かしてました。そしてシェフ自ら取り分けました(笑)
これでマズい訳がない。みんな夢中で食べた。

c0007557_17232227.jpgc0007557_17233820.jpgc0007557_17235546.jpg








c0007557_1724729.jpgc0007557_1724169.jpgc0007557_17242918.jpg








食後、外に出ると満天の星空。天の川もはっきり見ることが出来た。
みんなが見えたといっていた「南十字星」は残念ながら発見できず・・・心が濁っているのか!?
翌日は、日本人8人で車を2台借りて、島を一周することに決定。イースターは周囲60kmの島なので、1日あれば大丈夫だろう!心配なのは天気のみだ。

[PR]
by tateshi-nabae | 2006-05-12 17:24 | イースター旅行記
待ってろよモアイ!
サンパウロからサンチアゴへ着いた私たち。
ペンション内藤という有名な日本人宿に宿泊。
旅仲間の、あきら&メグ夫妻と再再開。
特に見どころもないので、イースターに持っていく食材の買い出しをして過ごす。
大量の食材をバックパックに詰込み5月2日ついに出発。他にも、偶然同じ日のフライトの人が4人。
合わせて8人。修学旅行のような大移動でした。

が、イースターは遠かった。
8時半のフライトは、霧のためか2時間ほど遅れはしたものの、なんとか出発した我らがランチリ航空。
しかし!
2時間半ほど飛んだ太平洋上空で突然、機長が、サンチアゴヘ引き返す!と発表。
どうも、島が大雨か風かで大変な状態らしく、とても着陸出来ないとの事。
ただでさえ、滞在時間が少ない私たちには痛すぎるっ!
天は我らを見放したのか!?
もしかしたら、イースターが私たちを拒んでいるのかっ!
モアイはメガネ族が嫌いなのかっ?
そんな被害妄想を抱いてしまった。

いやっ!天はまだまだ見放してはいなかった!
意気消沈気味の8人。一応ホテルを用意するとの話だが、どうせショボイ所だろうと思っていた。
がしかし!
バスが着いたのはシェラトンサンチアゴ!!泣く子も黙る五つ星ホテルだっ!
8人の暗い顔が、思わずニンマリ。しかし、我らは小汚いバックパッカー。
ペンション内藤にいるときは気付かなかったが、明らかに他の客とは雰囲気が違っている。
しかも8人っ(笑)
しばらくして町に買い出しに行き、ビニール袋をぶら下げて帰ってきたが、ドアマンも苦笑。。。
そんな感じで完全に浮いていた。

夕食はビュッフェスタイル。
バックパッカーにビュッフェ。この組み合わせは危険だっ!
日頃食べ慣れない高級食材&量無制限ときた日には、周りの目なんか気にせずに、ただ喰らう喰らう。そのわりに、胃袋が小さくなっているので、あまり量を食べられずに悔しい思いをしてしまうのだ。
丸テーブル10人のうち、8人が日本人。希少動物でも見るかのような、恐らくビジネスクラスの老夫婦の視線が刺さる。
みんなフライトキャンセルの事なんかすっかり忘れて、さすがランチリ航空、対応が違う!とか言っている。
後から聞いた話、本来天候によるフライトキャンセルの場合は、航空会社の責任ではないので、今回のようにホテルを用意するケースは非常に稀らしく、私たちは非常にラッキーだったらしい。
メキシコに続いて、やってくれたラン航空。
いったい幾らの損害を被ったのでしょうか?保険にでも入っているのでしょうか?
そして私たちは無事イースター島にたどり着くのでしょうか???

c0007557_1719839.jpgc0007557_17191896.jpgc0007557_17192895.jpg
[PR]
by tateshi-nabae | 2006-05-09 13:46 | チリ旅行記