<   2006年 04月 ( 15 )   > この月の画像一覧
イグアスへの滝へ突っ込む編!!
夜行バスはやっぱりしんどい。
いくら道が綺麗なブラジルでも、15時間乗りっぱなしは体に悪い・・・
いつかエコノミー症候群になるんじゃないかと不安になる。
が、そんなバスの旅もあと少しと考えると・・・やっぱりしんどいモンはしんどい(笑)


滝に架かる虹が美しい・・・c0007557_0111218.jpgc0007557_0112553.jpgc0007557_0113994.jpg









私たちはブラジル側の町、『フォス・ド・イグアス』に宿泊。
ここを拠点に、ブラジル側・アルゼンチン側と両方の滝を見学した。
この町は、ブラジル・アルゼンチン・パラグアイと3国の国境が接する町。
高層ビルもあるし、思ったより都会。国境の町という緊張感はそれほど漂ってこない。
ただ、ホテルの目の前にアーミーの訓練所があり、たまに銃声が聞こえる(恐)のと、
朝イチからランニングの声「♪ファミコンウォーズがで~た~ゾッ!!♪(←知ってるかな?)」
とかが聞こえて少々ウルサイ・・・
着いた初日、早速ブラジル側の国立公園へ潜入っ!
国立公園内は専用のバスで移動。10分ほど走り、その先は遊歩道みたいな道を歩く。
すると、遥か彼方に滝が見えてくる!がっ、しかし・・・
tateshi:「これがイグアスかぁ!?それにしては水量も少ないし、たいしたことないな・・・」
hiro:「雨期だともっと凄いのかもね・・・」
期待していただけに意気消沈気味の2人・・・
がっかりしながら、さらに遊歩道を歩く。
すると、突然目の前に巨大な滝が出現っ!! 
「デ、でかい・・・」
「これがイグアスの本丸かぁ~!」
と、水戸黄門の印籠を見せられた悪代官のように、ひれ伏してしまった(笑)
そう!さっきまでの滝は、ほんの序の口。
これが通称『悪魔ののど笛』と、そら恐ろしい呼び名で呼ばれている滝だったのです・・・

翌日はアルゼンチン側へ。
国境を越えるバスに乗り、30分も走るとアルゼンチンのイミグレーションへ到着。
あっさりと入国。また1つスタンプが増えて満足(喜)の2人。
さらにそこからバスを乗り継ぎ、アルゼンチン側の国立公園へ潜入。
ブラジルはバスだったが、アルゼンチンは列車だ。しかも、トロッコ列車だ。
否が応でもワクワク度が高まる!
ただし、ちょうどおば様団体客とバッティングしてしまい大変な賑やかさ・・・
列車を終着駅で降り、目の前の幅の広い川に架かった橋を歩くこと30分。
下の川には「ワニ&ピラニア」と熱帯の代表のお二人がいらっしゃる。
これで川口浩探検隊がいれば完璧だ。彼はどこへいってしまったのか!?
でも、その昔手を噛まれたのでピラニアのことは嫌いなハズ(笑)
そして、30分歩いてたどり着いたその先は、なんと昨日の『悪魔ののど笛』の真上!!
まさに悪魔のような音を立てて落ちていく水に一瞬恐怖すら覚える・・・
c0007557_0432457.jpgc0007557_0434466.jpgc0007557_0435829.jpg








c0007557_0441251.jpgc0007557_0442663.jpgc0007557_0444016.jpg









真上から見る滝は「マイナスイオン」どころの騒ぎではない!
服もカメラもビショビショ・・・川の色は抹茶のような色だし、口に入っても大丈夫か!?

そしてさらにズブ濡れになるべく『滝つぼ突っ込みツアー』へ参加。
これは、先日まで一緒に旅していた啓君から聞いたツアーで、普段寡黙な彼が、
「超楽しいっすよ!」と珍しく興奮して話すので、「これは是非参加せねば!」と前々から心に決めていたのです。
簡単に言えば、ボートに乗って滝つぼに突っ込んでいく・・・というだけのツアーなのですが(笑)

結果大満足、大小2つの滝に突っ込んだのですが、初め少し強めのシャワーくらいだったのが、だんだん強くなってきて最終的には『健康ランドの打たせ湯の1000倍!』ほどの水流が降ってくる。下手すると首を捻挫しそうな勢いっ!
隣には2.3歳位の男の子が乗っており大泣き!!
後から母親に聞くと、「自分でアレに乗りたいって言い出したのよ!」との事。
たぶん彼はボートに乗りたかっただけで、まさか、滝つぼに突っ込むとは、思ってもみなかったのでしょう(笑)
2日かけて、ブラジル・アルゼンチンの両方から見ましたが、圧倒的にアルゼンチンの勝利!ブラジル側は別に行かなくても良かったかな?
と言うのが正直な感想でした。

[PR]
by tateshi-nabae | 2006-04-29 00:14 | アルゼンチン旅行記
サンパウロ東洋人街
リマからサンチアゴを経由し、ブラジルのサンパウロへ到着。
一泊した後すぐに、「イグアスの滝」を目指しました。
ブラジルの観光は、このイグアスのみ!さっさとサンチアゴへ移動します。
イグアスには3日ほど滞在し、現在再びサンパウロの東洋人街へ戻ってきました。
それにしても、この地区まさに日本!
一歩外に出れば、歩いている人々の顔は完全に日本人そのもの!
ラーメン屋・定食屋・スーパー・・・・スーパーには懐かしの日本食材がタップリ(喜)
ただし、みんなの会話はポルトガル語・・・妙な感じです。

夜行でイグアスに行ったその日は、ちょうど日曜日と言うことで、近くの広場で『東洋人市』が開催されていました。
なんとそこには、タコ焼き・さつま揚げ・イカ焼き・焼きソバ・・・と露店が軒を連ねており大賑わい!
現地のブラジル人達もこの毎週のイベントを楽しみにしているそうで、なんだか嬉しくなってしまいました。
LAの「リトルトーキョー」とここサンパウロの「リベルタージ地区」
この2ヵ所が世界にある日本人街。世界中に2ヵ所しかないんですね!
もっとあってもよさそうなものですが・・・
そう考えると、世界中どこにいっても存在する中華街ってのは、すごいことなんでしょうか!?c0007557_14341719.jpgc0007557_1434231.jpgc0007557_14343154.jpg









街の入り口には鳥居がっ!今川焼きも美味しそう!

[PR]
by tateshi-nabae | 2006-04-28 23:59 | ブラジル旅行記
大発表、今後の日程!
マチュピチュからクスコへと戻ってきました。
ここからリマまではLAN航空で一気に飛びます。
なんせバスなら20時間かかりますが、飛行機ならたったの1時間。お金で時間を買っちゃいました(笑)
旅も1ヵ月を切ったってことで、今後の予定でも発表しちゃいましょうか?
あまりのスピードにビックリしないように!

4/22:リマーサンチアゴ(トランジット)-サンパウロ
4/29:サンパウロ-サンチアゴ
5/2:サンチアゴ-イースター島
5/6:イースター島-サンチアゴ
5/7:サンチアゴ-オークランド
5/9:オークランド-シドニー
5/14 :パース-日本
どうです?ちゃんと1年で日本に帰るんですよ。
なんて親孝行な息子たちでしょうか!? クスコのLAN航空のお姉さんも苦笑の日程。
オークランドなんか、たったの3時間の滞在···
しかも、7日の夜にサンチアゴを出てオークランドに着いた時には、なぜか9日になってしまっているという···
バカバカっ。日付変更線のバカっ!!

まぁ、こんな感じで成田には5月15日の朝10時頃着予定です。
帰りのチケット捨てようかとも思ったけど、やっぱり帰ります。
本当にキッカリ1年。365日です。
長かったような、あっという間だったような、早く帰りたいような···

[PR]
by tateshi-nabae | 2006-04-27 02:41 | 世界一周
相性悪いペルー。
なんとか別便でたどり着いたマチュピチュ。
適当に宿を決め、適当に晩飯を食べ早めに寝る。そう!失態は2度と許されないのだ。
9時頃、隣の部屋の外国人がドアをカチャガチャ五月蝿かったので、「静かにしろぃ!」と怒ってしまった。
そう!失態は2度と許されないのだ。

翌日は、朝イチのバスで向かう。オフシーズンにもかかわらずバスは満席。
30分ほどで、マチュピチュの入口に到着。
するとなぜか?みんな既に入場券を持っているではないか?
入口で買えるとばかり考えていた私たち。急いでチケット売り場へ。
すると、「ココニチケットハナイ」と残酷な一言!
ええぇーとなお食い下がると、15分待てとのこと。
どうやら、チケットは麓の村で事前に買えたらしいのだが、それにしても本来の入口でチケットが買えないってどういうこっちゃ!?
結局30分待ってチケットGET!
どうも係がチケットを持ってくるのを忘れていたらしい・・・
ホント!しっかりして欲しいペルー人。

入場して最初に向かったのはワイナピチュと呼ばれる山。
いわゆるマチュピチュ、と聞いて誰しもが想像する風景の奥にそびえる山です。
この辺の標高は2300mほどで、楽勝と思っていたら想像を絶する険しさに2人ともヒーヒー(笑)
c0007557_14252580.jpgc0007557_14253383.jpgc0007557_14254124.jpgc0007557_14255091.jpg











c0007557_14263570.jpgc0007557_14264790.jpgc0007557_1426572.jpgc0007557_1427865.jpg











それでも途中で振り返った時に見えるマチュピチュの景色に励まされ50分ほどで登頂。
なんと私たちは3番目の登頂。山に入ったのは20番目だったので、結構な人を抜かしたことになります。
それにしても 、こんな山奥のしかも山の尾根沿いにこんな町を作ってしまうなて・・・
スペイン人にも見つからない訳だっ(笑) 恐るべしインカ人。
プーノでは雨にたたられ、ここマチュピチュも前日の夜には大雨が降り、一時はどうなることかと心配していましたが、
明けて翌日は快晴!! 暑いくらいの日差しが照りつけていました。
雨が降って霧のマチュピチュも神秘的でいいと聞いていましたが、こればっかりは仕方がありません。
それでも文句なく、今までに見た世界遺産で3本の指に入るであろうマチュピチュでした。
c0007557_14283693.jpgc0007557_14284630.jpgc0007557_14285420.jpg








c0007557_14291083.jpgc0007557_14291766.jpgc0007557_1429256.jpg

[PR]
by tateshi-nabae | 2006-04-27 02:00 | ペルー旅行記
マチュピチュ行きの列車···
クスコに到着。
翌日、マチュピチュ行きの列車のチケットを買いに行った。
シーズン前だったのでなんなくGET!
一番安いバクパッカーズクラスでも、往復68ドルもした。
出発は翌日の朝6時20分。5時50分には行かないといけない。
で、翌朝···

···見事寝過した(笑)···
とりあえず朝飯食ってみた。
···やっぱり現実だった。
···旅始まって以来の失態。旅仲間の啓君も2度寝してしまったらしい···

結局、行きのチケットは紙くずになってしまった。
改めて、オリャタインタンボという町からマチュピチュまでのチケット35ドルを購入。

そこまでは自力ローカルバスの旅(笑)
高いマチュピチュまでの旅路でした。
入場料も高かった···
c0007557_4102857.jpgc0007557_4104143.jpgc0007557_411017.jpg








写真右二つはクスコ市内にある、「インカの石組み」。
4角の石ではなく、6.7角、最大14角もの複雑な石を組み合わせて強度を増しているとのこと。
まるでパズルのよう・・・
[PR]
by tateshi-nabae | 2006-04-22 07:37 | ペルー旅行記
雨降りプーノ・・・
コパカバーナからプーノの国境越えは、以前通ったことのあるイージーボーダー。
問題はコパカの物価高がプーノにも感染してないかどうか?だったのだが、結果問題なし。
2週間前に泊まった宿は、シャワーの出がイマイチだったので×。
旅仲間りょうさん&かずこさんが以前泊まった宿『マンコ・カパック・イン』へ。
この気になる「マンコ・カパック」というのは、インカの創始者でありチチカカ湖を作ったともいわれる伝説の偉~いお人です(笑)
肝心のシャワーのではさすがっ! 『マンコ・カパック・イン』 文句のつけようがない。
お湯の出に気をよくした私たちは、ホテルにて翌朝からの「1日チチカカ湖島巡りツアー」に申し込む。

そして翌日、朝6時50分集合に合わせてレセプションに降りると、スタッフが眠そうな顔で起きてきて、
「まだ早いっ!」となぜか半ギレ(驚)
レセプションの時計を見ると、まだ5時50分・・・アレッ?なんで?・・・
おおっー!そういえばコパカからプーノに入ったとき、時計を1時間戻すのを忘れていた!
ボリビアとペルーの1時間の時差があったのだ。
たまにやってしまうこのミス。まだ時間を進めるパターンじゃなくてよかった。
これで列車やバスに乗り遅れる人が意外に多い!!
浮いた?時間で朝食をとっていると、雨がポツポツと降り出し、食べ終わる頃には雷が鳴りまくりの大雨に・・・
「こりゃぁ、無理だな」とツアーはキャンセルし、翌日に変更しようかと考えたが、我々には先を急がねばならない事情がある。
昼になると雨も小降りになり、このまま止みそうな雰囲気だったので、4時からの1島のみを巡るツアーに参加。
プーノを出発した小型船は、チチカカ湖をゆったりと進み、30分ほどで『ウロス島』に到着。
この島は普通の島とはちょっと違い、「トトラ」と呼ばれる葦を湖の上に3mほど敷き詰めて作った人口の浮島なのだ。この島では家も船もすべてがトトラ製。
確かに時折フワリと桟橋に乗っているような感覚がする事があるし、あまり島の端っこに行き過ぎると、ズボッと落ちてしまいそうになる。
スペイン人の侵略から逃れるために、湖に逃げたともいわれているが、それにしても不便極まりないこの生活・・・
ひとたび火事になれば、家はおろか島自体が燃えてしまうというそんな環境。村八分では済みません(笑)怖すぎです。
一時は止んでいた雨も、ウロス島に到着する頃には再び降りだし最悪の状況。
本当なら晴れた日に来て写真が撮りたかったのですが・・・残念です。

c0007557_46048.jpgc0007557_461482.jpgc0007557_462839.jpg
[PR]
by tateshi-nabae | 2006-04-19 12:22 | ペルー旅行記
強気なコパカバーナ!
ボリビアのラパスからコパカバーナを経て、昨日ペルーのプーノまで帰ってきた。
コパカでは2週間前に、二人で20ボリで泊まった宿があったので行ったみた。
どうもボリビアのGWのようなものに当ってしまったらしく、コパカの町は大賑わい!!
人・人・人で酔ってしまいそう・・・
何とか目当ての宿にたどり着き、以前に世話になった宿の少年に尋ねると、「1泊1人50ボリ!」との返事・・・
ええぇ~5倍に跳ね上がってるし!(涙)
しかも、「別に嫌なら泊まらなくていいですよぉ」と以前とは別人のような強気の態度が余計に腹立つ!!
とりあえず荷物を置き、ほかの宿も何軒か聞いてみるがどこも「一人60ボリ」とか「1泊だけはダメ~」などかなりの強気。
結局、最初の少年の宿に戻り「すいませんでした、50ボリでお願いします」とこっちが気を使う始末。
コパカの町の丘の上には結構大きな教会があって、人々はその教会を目指しているらしく、そういえば来るまでに杖を持って歩いている人や、チャリンコを漕いでいる人もよく見た。町の広場やチチカカ湖沿いには、テントを張って寝泊まりしている人までいた。
よく分からないがキリスト関係のお祭りらしい。

翌日、早く宿の安いプーノへ行こうと宿をチェックアウト。とりあえず重い荷物を預ってもらおうと少年に尋ねると、なにやら「有料だ!」みたいな事をいっている。
お前ぇ~!この前は気軽に置かしてくれたくせにっ、どこまで強気なんだ!イヤっ!どこまで嫌らしいんだ!

[PR]
by tateshi-nabae | 2006-04-17 00:28 | ボリビア旅行記
ラパス古着市!
首都ラパスまで戻ってきました。
着いた翌日、ブラジル大使館にてブラジルビザの申請。
なぜか日本人は50ドル。ほかの国の人は20とか35なのに・・・不思議です。
本来なら申請後2日かかるビザ。しかしタイミングの悪い事に祝日がからんでしまい出来上がりは5日後になるという。
ダメ元で翌日再び大使館へ。
やはり5日後だという受け付けの人に、名付けて『半泣き作戦』を実行(笑)
「2日後にはフライトがあるから何とかお願いしますぅ。ブラジル行きたいんですぅ!ビザ、ビザくれくれ!」と涙目で訴えると、「しゃーない!そこで待っとけ!」と1時間ほど待ったものの、無事ビザを発行してくれました。ありがとう!オブリガード!ラパスのブラジル大使館!

宿で待ちぼうけの啓君と合流し、ラパス名物「エルアルトの古着市」へ。
郊外にあるエルアルトと呼ばれる地区で、毎週木・日のみに行われるという、この古着市が今、貧乏パッカーの間では密かなブーム?を巻き起こしている。
何故なら、通常の古着に混じって『パタゴニア』や『コロンビア』などの有名アウトドアメーカーの古着があり、しかも二束三文で売っているとの事!!
まだ、それらブランドの価値を知らないボリビア人だからこそなせるワザだ。
タクシーで訪れた市場は、服・靴・カバンはもちろん、なぞの電化製品・空のペットボトル・瓶などまさに無法地帯(笑)
目指すは、服が山積みになっている店。こういう店をひっくり返すと、ブランド物が眠っているらしい。
探す事30分、早くもパタゴニアのフリースを発見!値段を聞いてびっくり。
なんと5ボリ。(70円ほど)ありえん値段に心踊る。
その後、啓君もコロンビアのフリース&CKのセーターを発見、即買い!

その後2時間ほど歩くが、2キロ以上も続く露店を見てまわるだけでグッタリ。
めぼしい物も午前中に売れてしまったのか発見できず・・・
一体これらの商品はどこからやってくるのか?
そしていつ、ボリビア人がその価値に気付くのでしょうか?

[PR]
by tateshi-nabae | 2006-04-16 08:42 | ボリビア旅行記
世界最強ウユニツアー! 最終日
ツアー最終日。
この日は何と4時半起き!
チリとの国境付近までいっきに移動し、そこからはウユニを目指しひたすら北上という超ハードな日程なのです。
5時に出発し、1時間半ほどして到着したのは地下から蒸気が吹き出しているという場所。
火山帯なので恐らく地下にはかなり熱いお湯が沸いていることでしょう・・・
ドライバーは自慢気に「ここだ!凄いだろ。早く降りて写真撮れ!!」らしきスペイン語。
しかし、時間は朝の6時半・・・暗くてなんも見えんのじゃ~いっ!
ほんと、行程の見直しを切に願います!!
ようやく夜が明けはじめた頃到着したのは『露天風呂』が、しかし!
なんてったってここの標高は4600m。風はピープー寒いし、水溜まりは凍ってるし、
・・・寒くて入れんのじゃ~いっ
風呂あがりの寒さが大の苦手な私には無理っ!頑張って「足湯」だけにしときました。
ようやく太陽が完全に顔を出すと今度は逆に暑すぎるぐらい。
温泉のほとりで朝食。セニョーラの作ってくれたあげパンの様なものは、モチモチして美味しかった。

c0007557_1155659.jpgc0007557_1151871.jpgc0007557_1152997.jpg









写真右は、ドライバーの席の窓に張ってあったシールのトラです。なんか空中に浮いてるみたいだったので思わず撮っちゃいました。特に意味はありません(笑)
c0007557_1154078.jpgc0007557_116836.jpgc0007557_1162220.jpg








朝食後は、ウユニを目指して北上。
疲労が貯まっているのか?車に1時間と座っていられない・・・みんなモゾモゾ。
たまに見所があり車は停まるのだが、見学というよりただの休憩!
みんな、体を伸ばしたり。辛い移動に耐える準備!

日が沈みはじめる頃には、みんな放心状態(笑)私は揺れる車内で、ナゼか吉本ばななの『キッチン』をこれまた放心状態で読んでいた・・・
最後に訪れたのは、列車墓場。古いSLなどが砂漠のど真ん中に放置されていて、なんとも物悲しかった・・・
c0007557_1163390.jpgc0007557_1165281.jpgc0007557_117445.jpgc0007557_1172152.jpg












ウユニの町に着いたのは7時。
私たち3人は今夜の夜行で「オルーロ」まで行き、さらにバスで「ラパス」まで移動する予定。ハードな行程を終えた身体にさらにむち打つ。
一人ウユニに残るタクヤ君の宿泊するホテルでシャワーを浴びサッパリ!
ただ、ツアー出発前にツアー会社のおばちゃんに頼んでおいた、列車のチケットが、一クラス下の列車しか取れなかったという報告が・・・しかも出発は予定よりも遅い1時50分。
そのクセに、ツーリストインフォメーションにある「ツアー会社ランキング」に「良かった!」と投票してきてくれと強要する始末・・・
その後、取りあえず行って見てみた総合ランキング。
我々のツアー会社のランキングは、お見事!!・・・
ランキング外!でした。そりゃそうだろ(笑)

[PR]
by tateshi-nabae | 2006-04-12 11:07 | ボリビア旅行記
世界最強ウユニツアー! 3日目
c0007557_10502024.jpgc0007557_10503017.jpgc0007557_10504293.jpg








3日目。南下しチリとの国境を目指す。
ひたすら砂漠の中を激走しあまり停らないので、後部座席で小さくなっていた私は足がつってしまった(恥)

c0007557_10505324.jpgc0007557_1051431.jpgc0007557_10511581.jpg








c0007557_10514389.jpgc0007557_1052748.jpgc0007557_10522228.jpg








c0007557_10524486.jpgc0007557_10531155.jpgc0007557_1111623.jpg








特に見どころはなく、ひたすら車の中で耐える···耐える···
ドライバーのおっちゃんも、よく見ればコカの葉っぱを噛んでいた。シンドかったらしい。
夕方、昨日に引き続きブラジル人恒例の遮陽の儀式。
しかし、今日はちょっと違う!夕方に備えて朝から洗濯ロープをカーテンレールのように張っていたのだ。
ただし、太陽の位置を読み間違え全く意味をなさなかった···
そしてロープをこっちへ張り替えろ!と高圧的な態度で指示するおばちゃんに一同辟易···
日焼けが嫌ならボリビアへ来るんじゃねー!!c0007557_1113224.jpgc0007557_1114244.jpgc0007557_1115077.jpgc0007557_1115886.jpg












3日目の宿は国立公園内にあり、投宿前に本日最大の見処である赤い湖とフラミンゴの大群を見学。
フラミンゴって、赤い湖に住んでそこのエサを食べているからピンク色になるって知ってました?
元々は白色ってことでした。
この日の食事から、保存のきかない肉などのナマ物が消え、 だんだんと質素な食事になってきた。(笑)
しかも標高が高くお湯が80度でポコポコと沸騰してしまうので、パスタや米をちゃんと炊くことができない。
標高が高いとこんな所にも問題があったんですね。
写真右下にいるのはリャマです。初日に食べましたが牛肉みたいでうまかったです。

[PR]
by tateshi-nabae | 2006-04-12 10:54 | ボリビア旅行記