カテゴリ:ヨルダン旅行記( 3 )
首都アンマン そして死海
ぺトラを後にした私たちは一気に首都「アンマン」を目指しました。
すぐ隣はあのイラクでもあり、なにやらテロ集団の様な印象を抱きがちですが、やはりそれは日本における中東情勢の報道が、あまりにもアメリカ側に偏っているからだと実感させられました。本当に人々は親切だし、「旅人はもてなす」というイスラム教の教えに従い、色々と世話を焼いてくれます。
泊まっているのはイラクの人質事件等で有名になった「クリフホテル」・・の隣にある「ベニシアホテル」です。ダブルルームで6ヨルダンディナール(約900円)とエジプトよりはやや高めです。
物価もこれといって安いわけではなく、街には外国車があふれ活気に満ちています。
ただ、国民の90%以上がイスラム教徒なので、昼間、飲食店は完璧に閉まっています。
さて、ぺトラ遺跡に続きヨルダン観光の目玉ともいえる「死海」に行って来ました。
湖の塩分濃度が高いためどんな「カナヅチ」でも浮くことができるという、あの湖です。
あまり知られてはいませんが、世界で一番海抜が低い場所も「死海」だそうです。
バスとタクシーを乗り継ぎついに到着。5㎞先の対岸はイスラエルということもあり、監視カメラは至る所に配置されています。
タクシーにポイントまで連れて行ってもらい、いざ「死海」へ。
近くに温泉が流れているので水温は30度前後と温かく問題なし。恐る恐る体を沈めると・・・・
急にお尻のあたりがフッと軽くなり、ポッカリと水面に出てしまうではないか!?おぉ~これかっ!!
と大感動!好奇心に負け水を舐めてみると、辛いそして苦い。ちょうど「にがり」を舐めたような苦さです。定番の「浮いたまま本を読む」もバッチリ!ちなみに読んでいるのは『GO』です。
帰りは運良く、同じビーチで泳いでいたアンマンから来たというおじさんの車に送ってもらいました。湖から出てシャワーを浴びなかったので、帰る頃には体中が塩だらけでした・・・c0007557_2326321.jpgc0007557_23245528.jpgc0007557_23251220.jpg










あと、地図で現地がわかるようになりました。ポイントをクリックすればコメント等も見ることができます。
http://dokonano.com/tateshi/

[PR]
by tateshi-nabae | 2005-10-22 23:20 | ヨルダン旅行記
憧れのぺトラ遺跡
ぺトラに着いた第一印象はズバリ『寒いぞぺトラ!』
エジプトから短パン・Tシャツで登場した私を砂漠の風が容赦なく襲い掛かる。
目をつけていたホテルは生憎満室。翌日なら部屋が空くとの事でとりあえずその日はホテルの食堂横のフリースペースで眠る。
寒さで目が覚めると時計はすでに9時。朝イチで遺跡を見に行く予定が早くも崩れてしまった・・・
ぺトラ遺跡は、インディジョーンズ最後の聖戦のロケ地になったところで、ホテルにはそのビデオも置いてある。「ナバタイ人」という人たちが作った都である。最近まで砂漠の民「ヴェドウィン」に守られてその存在さえ知られていなかったらしく、まさに秘境。
入場ゲートをくぐり少し歩くと、スークと呼ばれる細い岩の裂け目の道が出現。そのスークをさらに1.5キロほど歩くと突如目の前に紅色に輝く神殿「エルハズネ」が現れます。岩をくりぬいて作られた巨大な神殿はまさに圧巻。先日アンコールワットを抜いたエジプトのカルナック神殿をさらに抜き去り、遺跡№1に見事君臨!!!

c0007557_23261063.jpgc0007557_23265652.jpgc0007557_23275047.jpgc0007557_2328623.jpg











いきなりこんなすごい神殿を持ってくるなんて・・・なかなかやるなぺトラ!
さらに進むと3000人は収容できたというローマ円形劇場や凱旋門など、広大な敷地にこれでもか!といわんばかりの遺跡っぷり!?
結局2日券を買ったのですが興奮して頑張り過ぎてしまい、1日で全部を見ちゃいました。

c0007557_23284967.jpgc0007557_2329639.jpgc0007557_23292318.jpg
[PR]
by tateshi-nabae | 2005-10-21 07:17 | ヨルダン旅行記
エジプトからヨルダンへ
楽しかったダハブでのビーチ生活に後ろ髪を引かれながらも、ついに次なる国「ヨルダン・ハシミテ王国」へ移動です。
ダハブからバスで1時間ほどでヌエバアへ到着。ここからヨルダンの玄関港「アカバ」まで国際フェリーが出ている。国境を船で越えるという初めての経験にやや興奮気味!!
スピードボートとスローボートがあり、料金にして10㌦ほど違うという。私たちは迷うことなくスローボートへ。
ほとんどチェックもなく出国手続きは完了。その後2時間ほど待ってやっと乗船。ふと見るとスピードボートのチケットを買ったはずの他のバックパッカーも同じ船に乗っている。これっていったい!?あとで聞いた話では、どうやらどのチケットを買っても結局は一緒の船に乗れるようだ・・・高いチケットを買った彼らは意味がなかったようだ・・・かわいそうに。
1時間というあっけない時間で「アカバ」に到着。船の中で回収されたパスポートを順番に受け取り入国スタンプを押してもらう。
が、ちょうど私たちのところで、本日のラマダンが終了し係員は何も告げることなく食事へ。
ポツンと取り残された感のある二人だが気長に待つことに。30分待ってパスポートをGET!
両替を済ませ、さてどうするかとフェリーで知り合った日本人2人と相談し、結果一気に「ぺトラ」まで行くことに決定。
あいにく今日のバスは終了。残るはタクシーしかないが4人でシェアすれば安く。アカバからは3時間ほどの距離だ。一気に行って翌日ぺトラ遺跡を観光する予定。c0007557_73469.jpgc0007557_724029.jpgc0007557_72564.jpg

[PR]
by tateshi-nabae | 2005-10-21 07:01 | ヨルダン旅行記