カテゴリ:グアテマラ旅行記( 2 )
動物パラダイス !ティカル遺跡
暑いティカルを見学するため朝6時のバスに乗る。約1時間半ゲートへ到着。簡単な朝食で腹ごしらえを済ませ、いざ遺跡へ!
ところが、最初の遺跡に遭遇するまでが遠いのなんの、、、しかも、通常とは逆のルートを歩いたため、最初の遺跡にたどり着くまでに30分もかかってしまった。
ジャングルのド真ん中にあるので、色んな動物に出会えると聞いていたが、なんと!最初に出会ったのはタランチュラ!!一緒に行ったあきら夫妻のメグさんが悲鳴とともに発見。
c0007557_5102226.jpg
大きな気の根元に動かずにじっとしている、全長8cmの黒いヤツ。これは85点だ!
何カ所か遺跡を見て1時間後に、ティカル一高い神殿に到着。ガイドブックには高さ約70mとあり、期待していったのだが、小高く盛り土があり、その上に建っているので、地面から測って70mという事だった。神殿自体は30mほどだろうか?
それでも地上70メートルから見るジャングルは素晴らしい。その木々を貫き、天に届かんばかりの遺跡群はさらに素晴らしかった。ただ、真東を向いているので、朝の時間帯は思いっきり逆光。いい写真が撮れなかったのが残念。
一番気に入ったのは、「失われた世界」というしゃれた名前のついている広場の中央にあったピラミッド。
頂上まで上ると360度が見渡せ、高さはそれ程でもないのだが、開放感がなんともいえずたまらない。
ベルサイユ宮殿でゆーいち君に教わった空中浮揚にチャレンジ。さすがピラミッドパワーか?いつもより高く浮いた気がする。c0007557_5113661.jpgc0007557_5115517.jpg
次によかった5号神殿に向かう途中には、クモザルが木々の間を移動するのが見えた。クモザル75点。
5号神殿は、恐らく本体のみの高さならティカル一だと思う。が地面に直接建っているために2.3位に甘んじている可哀相な神殿だ。
この神殿に登るには、正面の階段が壊れているため、その脇に設置された木製の階段を使わないといけない。
これが階段というよりハシゴ!ほぼ垂直に登らなければならない。下を見てはいけない!
勢いで登ってしまったが、よくよく考えて50mのハシゴって結構アブナイ。。。
神殿の上から、あれほどよく見えたほかの遺跡群も、地上に降りジャングルへ入れば、全く見えず見失ってしまう。それほどにティカルのジャングルは濃く密生している。
最後に、住居跡地だったと考えられている、「セントラルアクロポリス」で尻尾のきれいな謎の鳥(70点)とキツツキ(87点)さらには若干飼い慣らされた感のある(笑)ハナグマに遭遇!(95点)
残念ながらジャガー(100点)とハキリ蟻(100点)は発見できず。
ホテルに戻ったのは夕方の4時半。とにかく、よく歩いてよく日に焼けた一日だった。
c0007557_513658.jpgc0007557_5132312.jpgc0007557_5134183.jpg









c0007557_5141424.jpgc0007557_5143099.jpgc0007557_5144546.jpg








5日間滞在したグアテマラ、フローレスでしたがティカル遺跡を見に行った以外は、毎日夕日を見てぼんやりと過ごせました。
昨日、再び国境を超えメキシコのパレンケへ戻ってきました。例のイミグレにて今度は出国税5ドルを徴収され、悔しかったので「メキシコみたいに、ちゃんとしたレシートを発行してくれ!」言ってやった。どうせオマエらの懐に入っている金だから、レシートなんか出せないだろう。と思っていたらあっさりと「はいっ、レシート」・・・
えっ!マジ・・・さすが一筋縄では行かない恐るべし中米!
c0007557_5421429.jpgc0007557_5423054.jpgc0007557_5424679.jpg








パレンケではツーリストポリスにて、盗難証明書を発行してもらう。
本当はパレンケの後、色々と回りたい場所があったのだが、とりあえずメキシコシティまで一気にバスで移動。航空会社へ再発行の交渉に望みます。
皆さん応援よろしくお願いします!!

[PR]
by tateshi-nabae | 2006-03-13 05:46 | グアテマラ旅行記
グアテマラにインドを見たっ!!
今回の盗難事件にて、多くの励ましをいただきありがとうございます!!
まさか、このまま平和に旅が終わることはないと思ってはいましたが、まさかメキシコとは!
中南米の底力を見たような気がします(笑)
とりあえずは、シティのアメリカン航空にて再発行の手続きを取りたいと思います。
無事再発行されることを祈ります。
まぁ、命を取られたわけではないし、怪我をしたわけでもありません。二人ともいたって元気です。
また一つ旅の面白ネタが出来たと思ってます。

パレンケでの災難にもめげず、あきら&メグ夫妻と合流し翌日グアテマラへ無事入国を果たしました。
朝の5時に宿を出発、10時ごろメキシコのイミグレに到着。出国税10ペソを支払って船に乗り40分ほどで降りると今度はオンボロバスが待っていた。それに乗り5分ほど走ってやっとグアテマラの入国管理局へ。といっても掘っ立て小屋風。そこで5ドルを支払う。
本来なら、払う必要のないこの『5ドル』完全にヤツらの懐に入っている様子・・・!?
悔しいので25セントと10セントコインで払ったら、「コインはダメだ!!」といわれ「ナゼ?」といっても「ダメだ!」の一点張り!それでも悔しいのでメキシコのペソで払った。
それも最初は70ペソといわれた。「5ドルなら50ペソだろ!」と抗議するとしぶしぶ50ペソに値下げ・・・入国税が値下げって・・・
そこから宿泊地の「フローレス」までは車で3時間ほど。距離はあまりないのですが、なんせ道が悪いっ!半年前のシェムリアップからタイ国境までを思い出してしまった(笑)
現在はフローレスにある「ペテン・イツァ湖」に浮かぶフローレス島にあきら&メグ夫妻と4人部屋に泊まってます。
グアテマラへ来た目的それはズバリ『ティカル遺跡』を見るため!!
チェチェンイッツァでもウシュマルでもなく、マヤ文明最大の遺跡はココなのです。なのでパレンケ遺跡も見てません。5日ほど滞在して再びメキシコへ戻る予定です。
最初に町を歩いた時「ここはインドか??」と勘違い。それもそのはず、なんとフローレスには『オートリクシャ』が走っていたのです。色は赤が多い。町は埃っぽくバスはオンボロ、露店ではフルーツが売られており、人々はウリを食っている・・・まさにインドだっ!!

写真はボートでグアテマラへ向かうところ&フローレス島に沈む夕日。
c0007557_10393810.jpgc0007557_10395334.jpgc0007557_1040689.jpg








リクシャが走る埃っぽい町。フルーツジュースはヌルいが美味い。チェゲバラとマルコスのTシャツ。一目惚れにて購入!マルコスとはメキシコの英雄。
c0007557_10414262.jpgc0007557_10415547.jpgc0007557_1042965.jpg

[PR]
by tateshi-nabae | 2006-03-12 10:35 | グアテマラ旅行記