南十字星
初日に購入した14kgものマグロ。毎日マグロの日々でしたが、私たちがサンチアゴへ戻る前夜ささやかなパーティーを開催。かなりの気合で料理を作りました。
写真左は『マグロステーキ』 写真中は旅仲間「こうちゃん」作『讃岐ぶっかけうどん』 写真右は手前が『竜田揚げ』、奥が『甘酢漬け』
ワインとマグロでかなりいい気分。
外に出て夜空を見上げれば、そこには南十字星★いわゆる『サザンクロス』が見えた。
c0007557_21305461.jpgc0007557_2131281.jpgc0007557_2131979.jpg







モアイを見学してしまったら、後はひたすらボーっと過ごすのみ、島を散策したり釣りに出かけたり思い思いの時間を過ごす。この島には確実に『島の時間』というものが存在すると思う。
街はこじんまりとして歩ける範囲。島の人は優しく、ヒッチハイク成功率は100%。1台目から停まってくれるし、歩いているだけで「乗っていくか?」と向こうから声をかけてくれることもある。
海岸沿いには、『サーファー注意!』の看板。オシャレすぎる(涙)
宿に2匹いる犬の1匹「ブレッグ」は、どこへ行くにも付いてくるカワイイ奴。
釣りに行った時も付いて来るのだが、お目当ては魚ではなく、エサに使っている「パン」
釣りだけに集中していると、いつの間にかブレッグにエサを食べられてしまうので要注意だ(笑)

c0007557_21313214.jpgc0007557_21314047.jpgc0007557_21314961.jpg








写真中。不幸にも巨大針の犠牲となってしまったお魚(笑)写真右。初公開「ブレッグ(雄)」の大胆ショット!
c0007557_2131598.jpgc0007557_2132580.jpgc0007557_21321190.jpg






肝心の釣りはというと、買ってきた針がデカ過ぎてエサをとられるばかり。魚はウヨウヨいるのに・・・
こうなったら最後の手段。パンを撒き、魚が集まってきたところをデカ針で引っ掛ける!という方法。
すると、最初のチャレンジでいきなり魚がかかる!もちろん口ではなく尾のあたりに針が掛かっている。
なんともかわいそうな奴もいたもんだ・・・
結局、釣れたのはその1匹のみ。最後に仲間のもとへリリースしてやった。
おさかな界の『九死に一生スペシャル!』とかに出て欲しいものです(笑)

c0007557_22153346.jpgc0007557_22154298.jpgc0007557_22155040.jpg








イースター島は3泊4日の滞在でしたが、前述の通り「旅の終わり」を感じることができた事が1番の収穫でしょうか?
最終日、飛行機の窓から小さくなっていく島を眺めていると、なぜか無性に日本に帰りたくなったのです。
なぜかは分かりません。
とにかく「ここで旅は終わった」と感じたのです。「早く日本へ帰りたい」と思ったのです。

[PR]
by tateshi-nabae | 2006-05-16 21:32 | イースター旅行記


<< シドニー良いとこ! 夏惜しむ やがて悲しき モアイ... >>