世界最強ウユニツアー! 2日目
2日目。塩のホテルを昼過ぎに出発。
今日からのツアー参加者 としてブラジル人のおばちゃん2人が加わる。
メンバーはドライバーとその奥さん(料理担当)。ブラジル人おばちゃん2人と啓くん·タクヤくんと私たち 2人の計8人。
この2人が、あとあと大変なトラブルメーカーに大変身するのでした···

しばらくすると、まるで空を鏡で写したような光景が見られる。
今はちょうど雨期の終わりで、雨こそ降らないが前に降った雨が塩湖の表面にうっすらと溜り、それが雲や空を反射しているのだ。
空を飛んでいるようだ!とよく例えられるがまさにその通りの幻想的な風景。c0007557_1042713.jpgc0007557_10422529.jpgc0007557_1042414.jpgc0007557_1042552.jpg












ランクルは一路西を目指す。遠く塩湖にポッカリと浮かんだような島が、だんだんと近づいてくる。
島には一面に巨大なサボテンが生えており、その姿はムーミンにでてくるニョロニョロそっくり!!
一番デカい奴で18mもあった。
c0007557_10431151.jpgc0007557_10432537.jpgc0007557_10433662.jpg








c0007557_1046397.jpgc0007557_10461852.jpgc0007557_10463225.jpg








c0007557_10481428.jpgc0007557_10482793.jpgc0007557_10483823.jpg









どこまでも続いて欲しいと思った塩の大地。
しかし終りはやって来た。魚の島を出て1時間ほど走ると、水が溜まり過ぎてこれ以上進めないのか?ランクルは進路を変え砂漠地帯へと突入。今日の宿泊先を目指す。
太陽は西に傾き、車の中にその強烈な日差しが差し込んでくる。
すると!突然ブラジル人のおばちゃんが、持っていた地図を取り出し隣にいたタクヤ君になにやら叫んでいる。
どうやら地図を窓に挟んで、陽が入らないようにして欲しいらしい···
さらには奥さんの座っている助手席や、啓くんの座っている3列目にまでそれを挟め!と指示してくる。景色が見れないから嫌だ!といっても全く譲る 気配なし(笑)
結局進行方向に対して右側の窓全部が、地図に覆われてしまった···
全世界共通のおばちゃんパワーに圧倒された6人でした。

[PR]
by tateshi-nabae | 2006-04-12 10:44 | ボリビア旅行記


<< 世界最強ウユニツアー! 3日目 世界最強ウユニツアー! 初日 >>